福岡・佐賀・長崎・大分・熊本の特殊建築物定期報告・建築設備定期報告は株式会社モリヤにお任せください!
HOME 定期報告制度とは 特殊建築物定期検査 建築設備定期検査 会社概要 お問合せ






区分 用途 要件
1号 劇場、映画館、演芸場又は観覧場 その用途に供する部分の床面積の合計が300平方メートルを超えるもの
2号 ホテル又は旅館 地下又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し、かつその用途に供する部分の床面積の合計が300平方メートルを超えるもの
3号 病院 地下又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し、かつその用途に供する部分の床面積の合計が300平方メートルを超えるもの
4号 百貨店、マーケット又は物品販売業を営む店舗 地下又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し、かつその用途に供する部分の床面積の合計が1,000平方メートルを超えるもの
5号 地下の工作物内に設ける建築物 居室の床面積の合計が、1,500平方メートルを超えるもの
6号 共同住宅 5階以上の階のいずれかの階におけるその用途に供する部分の各階の床面積の合計が100平方メートルを超えるもの
7号 キャバレー、カフェ、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、料理店又は飲食店 3階以上の階における当該建築物のその用途に供する部分の床面積の合計が100平方メートルを超えるもの
※周期は3年ごとになります。
※福岡市においての報告時期期間は9月1日〜10月31日となります。
※特定行政庁ごとに分類の仕方が異なることがございます。

福岡市の「定期報告が必要な建築物等」の資料はこちらからダウンロード可能です。(PDF)




区分 用途 対象建築物の
所在する区
報告年度
29年 30年 31年
1号 劇場、映画館、演芸場又は観覧場 全 区 × ×
2号 ホテル又は旅館 全 区 × ×
3号 病院 全 区 × ×
4号 百貨店、マーケット又は物品販売業を営む店舗 全 区 × ×
5号 地下の工作物内に設ける建築物 全 区 × ×
6号 共同住宅 区によって
異なります
博多区
南区
中央区
西区
東区
城南区
早良区
7号 キャバレー、カフェ、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、料理店又は飲食店 全 区 × ×






建物全体を知るモリヤの強み

無料見積依頼



HOME 定期報告制度とは 特殊建築物定期検査 建築設備定期検査 会社概要 お問合せ

特殊建築物・建築設備定期調査・報告は株式会社モリヤにお任せください!モリヤなら福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県対応です!